開示等の請求手続きについて

個人情報の利用目的の通知、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去等のご請求にあたっては、以下の内容を確認の上、手続きに従って、必要書類をご郵送下さい。

開示等の請求手続き

1.開示等の請求対象となる個人情報
開示等の対象となる個人情報は、当社が委託業務以外でご本人から提供して頂いた個人情報となります。
2.開示等の申出先
開示等の請求は下記宛に、所定の請求書に必要書類を添付の上、郵送によりお願い致します。
〒003-0027 北海道札幌市白石区本町7丁目北1-33
中央コンピューターサービス株式会社   個人情報管理責任者宛
3.開示等の請求に際して提出すべき書類等
該当する請求書をダウンロードし、所定事項をご記入の上、本人確認のための書類を同封して下さい。
(1)当社所定の請求書
①利用目的の通知、開示請求の場合は「個人情報開示請求書」
②利用停止、訂正等の場合は「個人情報の利用停止・訂正等の請求書」
(2)本人確認のための書類
①運転免許証、健康保険被保険者証など公的書類の写し1点又は住民票
(3)代理人による請求の場合
前項に加えて、
①代理人の身分証明に関する、運転免許証、健康保険被保険者証の写し又は住民票
②代理権があることを確認する書類
・親権者の場合は扶養関係を示す戸籍謄本、健康保険被保険者証など公的書類の写し1点、又は住民票
・弁護士の場合は登録番号
・本人からの委任による場合は委任状
4.開示等の請求に関する手数料及びその支払い方法
1回の申請ごとに400円とさせて頂きます。400円分の郵便切手を請求書類に同封して下さい。
(利用停止・訂正等については手数料は不要です。)
5.回答方法
請求者の、請求書記載住所宛に書面にて回答させていただきます。
6.開示等に関する個人情報の利用目的
開示等の請求に伴い取得した個人情報は、開示等への対応に必要な範囲のみで取扱い致します。
7.不開示とする場合について
以下に定める場合は、不開示とさせて頂きます。不開示と決定した場合は、その旨理由を付記して通知させて頂きます。なお、不開示の場合についても所定の手数料は頂きます。
(1)書類不備により本人確認ができない場合
(2)代理人による請求に際して、代理権が確認できない場合
(3)所定の請求書類に不備があった場合
(4)開示請求の対象が、当社の開示対象個人情報に該当しない場合
(5)本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(6)当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
(7)他の法令に違反することとなる場合

請求書ダウンロード

下記より、該当する請求書をダウンロードしてください。

ページのトップへ